読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気がついたら熟女

アラフォー独身女のこじらせ恋愛記録

エグゼクティブ限定婚活パーティーに参加してみた結果

婚活

前回、婚活パーティーで学んだこと、

  • 何の縛りもないパーティーに行ってはいけない
  • 40代限定パーティーに行ける日までは無駄に焦らない


cocomax.hatenadiary.jp

 

以上の2点をふまえたうえで、次に私がセレクトしたパーティーは、ずばり

「エグゼクティブ限定婚活パーティー」

バカなの?

 

と突っ込みたい気持ちでいっぱいです。我ながら。

まあでも、エグゼクティブ縛りで来る人たちってどんなだろう?って好奇心が抑えられなかったのもあり、せっかくの機会だから行ってみたかったんです。

都会にはえぐぜくてぃぶな独身男性っていっぱいいるんだ。

  どうせ行くなら六本木とか銀座とか本物のエグゼクティブが居そうな街で婚活パーティーに行ってみようと思いました。

本物のエグゼクティブが、わざわざ婚活パーティーなんぞにいくのか?
女性よりも男性のほうがリーズナブルだぞ。

という、矛盾した疑問を抱えつつも臨んだパーティーはだいたい50VS50の大型パーティー。
これも、例のごとく回転寿司方式を採用。

ただ、都会の駅前にある小さな回転ずしではなく、郊外の大型店の回転ずしだ。
遠くでちびっこが走り回っててもおかしくないけど、ここはEXECTIVEな婚活会場なので走り回ってるクレイジーなちびっこはいなかった。当たり前だけど。

 

回ってくる男性たちの年収を見てびっくり。1000万超えの独身男性ってこんなにゴロゴロ転がってるんだ。職業も経営者、弁護士、国家公務員と華々しい。もちろんそうでない普通のサラリーマンもいる。
盛っているの?どうなの?

エグゼクティブ婚活にはさらに傷口に塩を塗られるメンタルが必要

いくらエグゼクティブとはいえ人の子。仕事で忙しくて婚期を逃したとか、飲み屋などで女性と知り合うことはあっても真面目にお付き合いに発展しなくて婚活パーティーに参加している人もいそう。高給取りかどうかを知らなかったとしても素敵だなと思える人もいました。

ただ、50人も回転してくるとほんと疲れる。普段の仕事でも忙しくて疲れているはずなのにプライベートでもこんなことするんなら疲労困憊。

だったらなるべく省エネで効率よくいこうぜと考える人もいるようで、無駄はカットして有益なことにエネルギーを配分する。

 

なるほどできる男は違う。

その彼は、私の前に来た時に一言もしゃべらなかった。休憩モード。癒されてるとかそんなんじゃなくて無視だ。風景の一部だ。いや、目を閉じている短時間でも寝たいのか。見るのも嫌なのか。


社交辞令でも話さなきゃいけないと思ってしまう凡人とは違うのかもしれない。
ただね、やっぱり傷つくよ。こっちもタイプじゃないけどね。
と、もしかしたら口に出さなくても心の会話はできてるのかもしれない私たち、気が合うね。。。

ほかにもこんな人がいた。
私のプロフィールを見てアラフォーと知るやいなや、
「こんな年齢になって、こんなとこ来てるのまずいっしょ?いままで何やってきたの。」

・・・えっと、あなた様は私より年上だと書かれていますので、そっくりそのままお返しさせていただいてよろしいでしょうか。

と言いたいのをこらえて、とりあえず笑顔と無言で受け流そう。
怒りのパワーはエネルギー使うし。さっきの無視男性のお知恵を拝借。


やな感じでやっつけてくる男ばかりではない。
せっかく忙しい時間を裂いて来たのだからと、最後にお気に入りの人何人かにメッセージを送れるとかいったルールをふわりと飛び越えて、あらかじめ自分の連絡先を書いた紙を持ってきていた男もいた。
50人もいたらよっぽど印象に残らないと覚えてなかったりする。「何人まで選べる」なんて運営側のルールを守るよりも、恋愛成就が第一目的。ならばその場その場である程度のラインをクリアした人に連絡先を渡すっていう、普通の出会いの交渉術を採用するという作戦のようだ。

短いお話が終わった後に、こっそり紙を渡された。


とりあえず嫌な気持ちはしないよね。まあ、何人に渡してるかはしらんけど。


そんなこんなですごーく疲れたわりにこれといった収穫もなく、あるとすればいくつかの擦り傷と、すでにできていた傷口に塩を塗られたかんじで帰りました。

いい経験をさせてもらったと今になっては思います。

今回学んだこと。
エグゼクティブってつくやつと、人数の多い婚活パーティーには行ってはいけない。

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代の恋愛へ
にほんブログ村